アイドル

スマップ(SMAP)解散の理由は不仲?発端となった事件とは?紅白がラスト?

日本人なら老若男女誰もが知っている国民的アイドルグループ「SMAP(スマップ)」が2016年12月31日をもって解散すると8月14日に発表。

国民的アイドルグループと呼ばれるほどに成長した今日のSMAP(スマップ)のために尽力した育ての親 飯島三智マネージャーが画策したとされている独立騒動は最悪の形で終結を迎えることになった。

SMAP(スマップ)のメンバーは当然、SMAP(スマップ)を今日まで応援したきたファンたち、支えてきたスタッフ、ジャニーズ事務所、SMAP(スマップ)独立騒動の責任を取ってジャニーズ事務所を退社した飯島三智マネージャー、誰もが当初望まなかった結末。

誰も得しない。誰の顔にも笑顔がない結末。

いやもしかしたらSMAP(スマップ)の堕ちていく姿にほくそ笑んでいる人間がいるかもしれない。

最悪の結果。

ではなぜこうなってしまったのか?原因は何だったのか?

解散という決断を下したSMAP(スマップ)メンバーの言葉、ジャニーズ事務所の発表をチェックしながら探っていこう。

SMAP(スマップ)が12月31日解散!解散の理由は木村拓哉と他のメンバーとの不仲?

SMAP(スマップ)の解散の理由に移る前に、まずはSMAP(スマップ)の解散に至るまでの情報を整理しておこう。

 

事の発端とされているのが2015年1月に発売された週刊誌(週間文春)に掲載されたメリー喜多川(ジャニー喜多川の姉で、藤島ジュリー景子の母)のインタビュー。

この号でメリー喜多川は国民的アイドルグループであり、一般人からすればジャニーズ事務所を代表するグループである「SMAP(スマップ)」を踊れないグループと酷評!

しかもインタビュー取材の現場にSMAP(スマップ)の育ての親である飯島三智マネージャーを呼びつけた上で。

SMAP(スマップ)が売れない時代から支え続けてきた飯島三智マネージャーにとって、SMAP(スマップ)は我が子のような存在。

それを面と向かって酷評である。飯島三智マネージャーはこのときどんな気持ちだっただろうか?胸中察するに余りある。

更にSMAP(スマップ)のことだけじゃなく、飯島三智マネージャーが担当する他のグループ、メンバーも踊れない子と酷評。

 

そして同時に飯島三智マネージャーが次期社長の椅子を巡って争っている、派閥争いをしていると言われているジュリーとの関係についても言及。

次期社長は自分の娘であるジュリーだと断言。飯島三智マネージャーがいくら仕事ができようとも関係ない。ジャニーズ事務所に多大なる貢献をしてきていようが関係ない。

なぜならジュリーは自分の娘だから。

もしも飯島三智マネージャーが喜多川一族が牛耳るジャニーズ事務所内で派閥なんて作っているのならば即クビ!

ジュリーと派閥争いがやりたければ勝手に自分で会社でも何でも作ってそこでやれと。SMAP(スマップ)を連れてジャニーズ事務所を辞めろと。

メリー・ジュリー喜多川一族と飯島三智マネージャーとは最初から土俵が違う格が違うのだとも言いたげに。

 

この週刊誌のインタビューが独立騒動の引き金を引いた出来事だと言われている。

30数年にわたって貢献してきた支えてきた会社の上司から、我が子のように大事に大事に育ててきたアイドルたちを酷評されたあげくこの扱い。

これまでの30数年は何だったのか?ジャニーズ事務所にとってSMAP(スマップ)とは何なのか?

飯島三智マネージャーが独立を考えるのも無理はない。

 

そして週刊誌にインタビューが掲載された約1年後、SMAP(スマップ)独立騒動が表沙汰になる。

2016年1月13日、SMAP(スマップ)の解散騒動がスポーツ新聞で大々的に取り上げられ、SMAP(スマップ)ファンもファンじゃない人も男も女も大人も子供も大騒ぎ。

日本の総理大臣である安倍首相までが解散について触れるほどの大騒動に発展し、SMAP(スマップ)というグループがいかに大きい存在であるかと再認識することにも。

 

しかし当初SMAP(スマップ)として飯島三智マネージャーと独立するはずだったのに、木村拓哉(キムタク)だけジャニーズ事務所に残留すると報道。

育ての親である飯島三智マネージャーを選んだ中居正広、稲垣吾郎、草薙剛、香取慎吾との四人とジャニーズ事務所を選んだ木村拓哉との間に亀裂が生じていることが判明。

 

このままSMAP(スマップ)は独立派と残留派に分裂するのだろうと思われていたが、急転直下の出来事が起こる。

急遽決まったSMAP×SMAP(スマップ×スマップ)の生放送の中で、騒動に対する謝罪とともに独立派の4人がジャニーズ事務所に残留することが発表。

しかしSMAP(スマップ)解散しないんだ!良かった~!と諸手を挙げて喜べるような会見ではなかった。

SMAP(スマップ)五人で並ぶときはリーダーの中居正広が真ん中にくるはずなのに、なぜか木村拓哉が真ん中に。中居正広は左端。

そしてジャニーズへの忠誠を誓っていた木村拓哉だけがドヤ顔で仕切り、他のメンバーたちは焦燥しきったような表情で木村拓哉への感謝とジャニー喜多川への謝罪の言葉を淡々と述べる。

まさに見せしめという言葉がぴったりな酷すぎる会見で、案の定ファンを始め、番組を見た国民からの批判が殺到して大炎上!

ジャニーズ事務所と4人のメンバーの間を取り持ったヒーローのように見せようとした木村拓哉は裏切り者のレッテルを貼られ、嫌悪が増大。

つい最近行われた嫌いなジャニーズアイドルは誰?というアンケートではダントツ1位を獲得するほどの嫌われ者に。ちなみに2位は(嫌いなアイドルは)いないである。

 

謝罪会見以降、五人全員が揃うことは激減。

それでもSMAP(スマップ)としての名は残り、解散騒動など無かったかのようにSMAP(スマップ)の周りは静まりかえっていた2016年夏。

2016年12月31日をもってSMAP(スマップ)の解散が発表。

解散騒動、謝罪会見から幾度となく持たれていたという会談。解散ではなく休止という選択をしてはどうか?という提案。

しかし木村拓哉以外の数人のメンバーが出した答えは「解散」である。

独立派と残留派、飯島派とメリー(ジュリー)派の亀裂は決して埋まりはしなかった。それほど木村拓哉と他の4人のメンバーの間に生じた亀裂は深かったのである。

つまり、SMAP(スマップ)が解散する理由はメンバー間にできてしまった埋まることがない溝なのだろう。

 

解散に関してSMAP(スマップ)のメンバー一人一人が出したメッセージをチェックしていこう。

中居正広

ファンの皆さま、関係各位の皆さま、我々SMAPが解散することをご報告させていただきます。ご迷惑をお掛けしました。ご心配をお掛けしました。お世話にもなりました。このような結果に至ったことをお許しください。申し訳…ありませんでした…。

via:http://headlines.yahoo.co.jp

SMAP(スマップ)というグループに対して誰よりも強い気持ちを持っていたであろう、責任感を持っていたであろうリーダーの中居正広の悲痛さが伝わってくる言葉。

 

稲垣吾郎

ファンの皆さま、スタッフ関係者の皆さま、この度はご心配ご迷惑をお掛けして本当に申し訳ございません。いまの状況で5人での活動は難しいと思い、つらい決断ではありますが「解散」という形を取らせていただくことになりました。どうか僕たちの意思をご理解いただけたらと思います。28年間本当にありがとうございました。

via:http://headlines.yahoo.co.jp

稲垣吾郎らしい冷静なメッセージ。

 

草薙剛

この度僕たちSMAPは解散する道を選びました。いつも応援してくれたファンの皆さま、支えてくれた関係者の皆さま、グループ結成から28年間本当にありがとうございました。今後も精進して参りますので引き続き、温かく見守っていただけるとうれしく思います。

via:http://headlines.yahoo.co.jp

草薙剛も稲垣吾郎同様に冷静なメッセージ。

稲垣吾郎同様に事件を起こしてメンバーに迷惑をかけているだけに、SMAP(スマップ)への思い、メンバーへの感謝の気持ちも強いだろうと思う。

それでも解散へ踏み切ったということはやはり亀裂、溝は大きかったのだろう。

 

香取慎吾

ファンの皆さま、そしてスタッフ関係者の皆さま。僕らSMAPは解散いたします。応援してくださったたくさんの方々に心より感謝申し上げます。そして突然のお知らせとなりましたこと、深くお詫び申し上げます。

via:http://headlines.yahoo.co.jp

木村拓哉との活動に一番難色を示していたと言われている香取慎吾。言葉だけで感情を読み取ることは難しいが、どこか淡々としているように感じ取れる。

木村拓哉との確執が真実であればスッキリとしているのかもしれない。

 

木村拓哉

この度の「グループ解散」に関して、正直なところ本当に無念です。でも、25周年のライブもグループ活動も5人そろわなければ何もできないので、呑み込むしかないのが現状です。たくさんの気持ちで支えて下さったファンの方々、スタッフの皆さんを無視して「解散」という本当に情けない結果になってしまいました。いまは言葉がうまく見つかりません。

via:http://headlines.yahoo.co.jp

最後に結果論だがSMAP(スマップ)解散の引き金を引いた木村拓哉。他の4人のメンバーが発したメッセージとは全く異なるもの。

それも当然。なぜなら少なくとも木村拓哉だけは解散に反対していたのだから。

だからメッセージもSMAP(スマップ)というグループへの未練というか無念さを押し出したメッセージになっている。

4人との温度差、確執、溝の深さが窺い知れるようなメッセージ。はっきりいってこのメッセージはますますキムタク嫌いを加速させるだけではないだろうか?

 

SMAP(スマップ)最後のコンサートは紅白歌合戦?SMAP×SMAP(スマスマ)は?

2016年12月31日に解散するというSMAP(スマップ)。

解散コンサート、ラストコンサートがあるのかが気になるところだが、恐らく難しいのではないだろうか。

SMAP(スマップ)にとって今年は25周年という記念すべき年。そのためジャニーズ事務所も25周年記念ライブを行うために、メンバーたちと話し合いの場を持ったという。

しかしそんな記念すべきライブでさえも交渉は決裂。一部メンバーたちの意思はそれほどに固かったのである。

 

もう1つ。2016年12月31日は国民的テレビ番組であるNHKの「紅白歌合戦」が開催される日である。

そのため「紅白歌合戦」がSMAP(スマップ)の最後の舞台になるのでは?という声もある。

しかし現段階ではSMAP(スマップ)が最後の晴れ舞台として「紅白歌合戦」に出ることは予定されていないと否定されている。

ライブでもいい紅白歌合戦でもいい。ファンとしては最後にSMAP(スマップ)としての姿を見せて欲しいものだが。

 

ちなみにSMAP(スマップ)の冠番組である「SMAP×SMAP(スマップ×スマップ)」は改編期に打ち切りの予定だそうだ。

-アイドル
-

シェアかたじけのうござる!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでなまくらニュースをフォローしよう!